ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

東証1カ月ぶり安値、489円安

 連休明け14日の東京株式市場は、米国景気の先行きに不透明感が広がったことと、円高進行が嫌気され、日経平均株価(225種)は大幅反落した。終値は前週末比489円66銭安の1万5422円40銭で、昨年12月17日以来、約1カ月ぶりの安値をつけた。下げ幅は昨年8月7日の576円12銭以来、約5カ月ぶりの大きさ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。