ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

東証1万4000円台回復

 連休明け7日午前の東京株式市場は、米国の景気回復に期待が高まる中、外国為替市場での急速な円安も好感され、ほぼ全面高の展開となった。日経平均株価(225種)は大幅反発し、取引時間中としては2008年6月20日以来、約4年11カ月ぶりに一時1万4000円台を回復。午前終値は前営業日の2日終値比389円22銭高の1万4083円26銭。東証株価指数(TOPIX)は30・32ポイント高の1183・60。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。