外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東証1部上場企業の2018年3月期の純利益合計が前期比7・3%増となり、過去最高を更新する見通しとなったことが7日、分かった。円安や海外経済の復調を追い風に製造業を中心として業績予想を上方修正する動きが相次いだ。企業業績は一段と拡大しているが、人手不足で苦戦する業種も見られる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信