外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 20日午前の東京株式市場は、前日に米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が年内の金融緩和縮小に言及したことを背景に、売り注文が優勢となった。日経平均株価(225種)は反落し、2日ぶりに一時、1万3000円を割り込む場面があった。午前終値は、前日終値比143円69銭安の1万3101円53銭。全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は10・32ポイント安の1096・25。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信