外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 週明け17日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落し、一時約1週間ぶりに1万7000円を割り込んだ。7~9月期の実質国内総生産(GDP)速報値が2四半期連続のマイナス成長となったことで、景気の先行き不安が強まった。

共同通信