外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 6日午前の東京株式市場は原油安が売りを誘って日経平均株価(225種)が大幅続落し、一時1万7000円を割り込んだ。欧州債務危機の発端となったギリシャで政局の混迷が深まっていることも嫌気された。取引時間中として昨年12月17日以来、約3週間ぶりの安値をつけ、下げ幅は最大460円を超えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信