外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 週明け17日の東京株式市場は、衆院選での自民党の圧勝を材料にした外国為替市場の円安進行を好感し、日経平均株価(225種)は大幅反発、一時約8カ月半ぶりに9900円台を回復した。終値は前週末比91円32銭高の9828円88銭。全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は6・80ポイント高の807・84。出来高は約28億5200万株だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信