外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 週明け17日午前の東京株式市場は、衆院選で自民党が圧勝したことを材料にした外国為替市場での円安進行を好感し、日経平均株価(225種)は大幅反発した。取引時間中としては4月4日以来、一時約8カ月半ぶりに9900円台を回復した。上げ幅は165円を超える場面があった。自民党中心の新政権が誕生することになり、大胆な金融緩和策やデフレ脱却政策が進むとの期待が膨らんだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信