外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2日午前の東京株式市場は、欧州の債務問題への警戒感が再燃したことで日経平均株価(225種)が大幅続落した。ほぼ全面安の展開となり、下げ幅は一時193円を超え200円に迫った。アジアの株式市場も値下がり。前日の欧米市場も大幅下落となっており世界同時株安への懸念が一段と強まった。午前終値は、前日終値比170円32銭安の8665円20銭。東証株価指数(TOPIX)は14・36ポイント安の740・14。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信