外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 6日午前の東京株式市場は、外国為替相場の円高進行を嫌気し、日経平均株価(225種)が大幅反落、1日に付けた取引時間中の今年の最安値(9147円)を更新し、一時9091円まで下落した。昨年11月27日以来、約7カ月ぶりの安値水準。円高で採算が悪化しやすい自動車や電機などの輸出関連株を中心に幅広い業種の銘柄が売られた。市場関係者の間に「9000円を割り込む可能性も」との見方も。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信