外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 週明け2日の東京株式市場は、円安進行と日銀の企業短期経済観測調査(短観)の内容を好感した買い注文が優勢で、日経平均株価(225種)は反発した。終値は前週末比44円50銭高の2万0400円78銭で、今年の高値を更新し、約2年1カ月ぶりの水準となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信