ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

東証、円高で大幅反落263円安

 26日の東京株式市場は、イタリア総選挙を受けて欧州債務危機が再燃するとの警戒感が強まったことを背景に、日経平均株価(225種)は3営業日ぶりに大幅反落した。欧州不安によって急激な円高が進んだことが影響した。終値は前日比263円71銭安の1万1398円81銭だった。下げ幅は今年2番目の大きさとなった。投資家のリスク回避姿勢が強まり、外国為替市場で安全資産とされる円が買われた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。