ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

東証、千円超す乱高下

 24日の東京株式市場は、日経平均株価(225種)が2日続きの乱高下となった。前日に暴落した反動から朝方は買いが先行し、急騰したが、午後に入ると機関投資家とみられる大口の売りが急速に膨らみ大幅下落に転じる場面もあった。終値は、前日比128円47銭高の1万4612円45銭。1日の高値と安値の変動幅は千円を超えた。日米欧の金融緩和で大量の資金があふれ、不安定化した金融市場を裏付ける荒い値動きとなった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。