外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 6日午前の東京株式市場は全面安の展開になり、日経平均株価は大幅続落。円相場が一時1ドル=100円台の円高となり、輸出関連企業の収益を悪化させるとの懸念から売り注文が膨らんだ。英国のEU離脱問題に伴う世界経済の先行き不安が再燃して投資家がリスクを避ける動きを強め、平均株価の下げ幅は一時500円を超えた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信