外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 週明け11日午前の東京株式市場は、米国の雇用改善や参院選結果を受けた経済対策への期待感から買いが優勢となり、ほぼ全面高の展開となった。日経平均株価(225種)は大幅反発し、上げ幅は一時500円を超えた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信