外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 トランプ米大統領の就任後初めての取引となった週明け23日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅に反落した。米政権による保護主義的な姿勢に警戒感が強まり、売り注文が先行した。下げ幅は一時200円を超え、節目の1万9000円を割り込んだ。

共同通信