外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 7日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅に続落した。トランプ米大統領が対日貿易赤字を問題視するとの観測が生じ、円高に向けた圧力が強まると懸念された。台風21号や北海道の地震の深刻な被害が明らかになり、市場の重荷となった。一時200円超下落し、約2週間ぶりの安値を付けた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信