外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 24日の東京株式市場は、欧州債務危機への警戒感からほぼ全面安の展開となり、日経平均株価(225種)の終値は祝日前の22日比149円56銭安の8165円18銭と大幅続落した。終値ベースでは3営業日連続の年初来安値更新。2009年3月31日(8109円53銭)以来、約2年8カ月ぶりの安値水準となった。自動車や機械の輸出関連株に加え、銀行や保険の金融株などが軒並み下落した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信