ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

東証、1万5000円台回復

 15日の東京株式市場は、午後に入っても買い注文の優勢が続いて日経平均株価(225種)が大幅反発し、終値は前日比337円61銭高の1万5096円03銭と、2007年12月以来、約5年4カ月ぶりに1万5000円の大台を回復した。全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は22・05ポイント高の1252・85。出来高は約57億5200万株。東証1部の時価総額は約434兆円に膨らんだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。