外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 14日の東京株式市場は、英国の欧州連合(EU)離脱への警戒感から投資家がリスク回避姿勢を一段と強めたことから、日経平均株価(225種)は4営業日続落し、約2カ月ぶりに1万6000円を割り込んで取引を終えた。下げ幅は一時250円を超え、前日の欧米市場で下落した流れから抜け出せなかった。比較的安全性が高いとされる日本国債は買われ、長期金利は連日で過去最低を更新した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信