21日の東京株式市場は、外国為替市場の円安ドル高基調を好感した買い注文が優勢となり、日経平均株価(225種)は大幅続伸した。終値は前日比457円08銭高の1万7363円62銭と、約2カ月半ぶりの高値をつけた。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。