ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

東証、4年半ぶり高値水準

 14日の東京株式市場は、前日の米国株高や、外国為替市場での円安を好感した買い注文が優勢となり、日経平均株価(225種)は大幅反発した。終値は前日比141円53銭高の1万2381円19銭と、2008年9月9日以来、約4年半ぶりの高値水準となった。全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は6・75ポイント高の1038・17。出来高は約28億6200万株だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。