ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

東証、9000円台を回復

 16日の東京株式市場は、自民党が政権に復帰して強力な金融政策を進めるとの見方から円安が加速したことを好感、輸出関連株を中心に幅広く買われ、日経平均株価(225種)が大幅続伸した。終値は前日比194円44銭高の9024円16銭と約2週間ぶりに9000円台を回復した。市場では12月の総選挙後に自民党を中心とする「安倍政権」が誕生してデフレと円高の阻止に真剣に取り組むとの期待が高まった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。