ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

東通原発敷地内に活断層と結論

 東北電力東通原発(青森県)の敷地内断層を調べた原子力規制委員会の現地調査団は26日、2回目の評価会合を開き、「敷地内には活断層がある」と結論付けた。東北電は反論したが、団長役の島崎邦彦委員長代理は終了後「説明は活断層を否定できるものではなかった」と述べた。島崎氏は東北電に対し「活断層があるとの立場で調査し、どんな影響があるか算出するのが望ましい」と指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。