外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 搭乗員9人全員が死亡した群馬県の防災ヘリコプター墜落事故を巡り、運航委託先の東邦航空(東京)が実際と異なる飛行計画を国土交通省に報告した問題で、同社が運航を委託されている岩手県の防災ヘリでも過去に虚偽の飛行計画を提出していたことが4日、分かった。同社の社内調査で判明し岩手県に伝えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信