外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 新潟県柏崎市の会田洋市長は6日、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働に向けた安全審査の申請について、記者会見で「事業者側が判断することだ」と述べて容認する考えを示した。同県刈羽村も容認の意向を示しているが、同県の泉田裕彦知事は慎重な姿勢を変えておらず、東電の安全審査申請の見込みは立っていない。審査申請前の地元了解は義務付けられてはいないが、再稼働手続きには地元の理解が必要。

共同通信