外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力損害賠償支援機構は25日、最高意思決定機関である運営委員会を開き、国からの支援拡大を柱とする東京電力の新しい総合特別事業計画(再建計画)を固めた。今後10年間の経営方針を示し、福島第1原発事故への責任を果たす一方、企業として成長を目指す姿勢も打ち出した。

共同通信