外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力福島第1原発事故で、勝俣恒久元会長(74)ら3人を業務上過失致死傷罪で「起訴相当」とした検察審査会の議決を受けて再捜査している東京地検が、東日本大震災で被災した3県の防災担当者らから新たに当時の状況を聞き取り、津波対策が必要だとは考えていなかったとの説明を受けていたことが26日、関係者への取材で分かった。

共同通信