ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

東電女性社員殺害、再捜査へ

 1997年3月に起きた東京電力女性社員殺害事件で無期懲役となったネパール人マイナリさん(46)の再審無罪が確実になったことを踏まえ、警視庁捜査1課が新たに検出された第三者のDNA型を照会し、再捜査することが27日、捜査関係者への取材で分かった。事件当時の刑事訴訟法であれば公訴時効が成立したが、2010年4月の法改正で強盗殺人罪など凶悪事件の時効が撤廃され、再捜査が可能となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。