外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府が、東京電力の賠償と除染の原資に貸し付ける交付国債による無利子融資枠を、現行の5兆円から9兆円程度に拡大する方向で検討していることが14日、分かった。福島第1原発事故の除染費用などの拡大に対応し、賠償費用の増加によっては10兆円規模に膨らむ見通しだ。

共同通信