外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 1997年に起きた東京電力女性社員殺害事件で、ネパール人ゴビンダ・プラサド・マイナリさん(45)の再審を前に東京高検が行ったDNA鑑定で、被害女性の爪の付着物から、体内に残っていた第三者の男性の精液と一致するDNA型が検出されたことが10日、分かった。弁護団が明らかにした。弁護団は、女性が第三者に殺害される直前に抵抗した際に付着した可能性が高いとし、「検察は速やかに控訴を取り下げるべきだ」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信