外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力の広瀬直己社長は19日、共同通信のインタビューで、原発を含めた多様な発電手段を持つことの重要性を強調し、自民党主導の新政権が、原発ゼロ目標を掲げた現政権のエネルギー戦略を見直すことに期待感を示した。広瀬社長は「原油価格が上がる時もあれば(中東などで)戦争が起こることもある。大きなうねりに対応する選択肢が必要だ」と指摘。「(原発)ゼロを目的にするのはどうかと思う」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信