外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力が、昨年4月に企業向け電気料金を値上げして以降、契約変更に応じなかった企業や工場など約1100件に対し、電力供給を打ち切る方向で検討していることが27日、分かった。値上げを拒否し、従来の契約が切れた企業などが対象。値上げを契機とした契約切れで電力供給を止めるのは大手電力会社では初めてとなる。これまでは契約が切れた後も電力を供給してきた。料金は未納のままで、未払い額の合計は約70億円に上るという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信