外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力は27日、柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働に向けた安全審査を原子力規制委員会に申請した。広瀬直己社長は記者団に6、7号機以外についても「当然準備は進めている。準備が整ったら手続きしていかないといけない」と述べ、柏崎刈羽の両号機以外の申請にも強い意欲を示した。東電福島第1原発と同じ沸騰水型の原発の申請は初めて。

共同通信