外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 福島第1原発構内の地下貯水槽から放射性物質に汚染された水が漏れた問題で、東京電力の広瀬直己社長は10日、汚染水保管計画を見直し、溶けた核燃料の冷却に使って貯水槽に保管されている汚染水の全量約2万3600トンを6月中に地上のタンクへ移送し終える方針を明らかにした。今月14日に移送を開始する。東電は、移送後の貯水槽7カ所の扱いについては「使用しない」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信