外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力は15日、新増設する火力発電設備の入札を開始し、東京都内の本店で説明会を開いた。火力発電による二酸化炭素(CO2)の排出量増加を懸念する環境省は入札延期を求めていたが、東電は原発停止で新たな電源確保が必要だとして計画を推進する構えだ。昨年11月の事前説明会には約100社が参加するなど事業者の関心の高さがうかがわれたが、この日は約50社にとどまった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信