外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東電は8日、福島第1原発で貯蔵している低濃度汚染水を来年3月にも海洋に放出する計画を、漁業団体に説明したことを明らかにした。過去に漁業関係者や海外から批判を浴びており、今回も漁業関係者らは強く反発している。放出するのは、建屋地下などに流入した汚染水から放射性物質を分離処理した後の水。原子炉への注水に必要な量以上の処理水が発生し、来年3月にも貯蔵しきれなくなるおそれがあるという。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信