外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力による福島第1原発の低濃度汚染水を海洋に放出する計画について、東電は8日、漁業団体などからの反発を受け、放出計画を除いた施設運営計画を経済産業省原子力安全・保安院に提出した。海洋放出については「関係各所からの要請を踏まえた上で引き続き検討していく」としている。汚染水の海洋放出は「風評被害を招く」として、全国漁業協同組合連合会(全漁連)が東電に抗議していた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信