外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 福島第1原発事故をめぐり、東京電力の誤った説明で国会事故調査委員会の1号機原子炉建屋の現地調査が中止になった問題で、東電は18日、元仙台高裁長官で弁護士の田中康久氏を委員長とする第三者検証委員会を設置した。検証委は3人で構成、田中氏以外も弁護士で、元京都地検検事正の佐々木善三氏と大宮法科大学院大教授の近藤卓史氏の2人。担当者が故意に誤った説明をしたかどうかや経営陣も含め上司の関与の有無を調べる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信