外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力は24日、福島第1原発事故の賠償問題を担当する人員を現行の約7600人から約3千人増やし1万人超とする方針を固めた。自主避難問題で、避難区域外にある福島県の23市町村の住民約150万人が新たに対象になったことに迅速に対応する。原子力損害賠償支援機構と共同で策定中の第2次緊急特別事業計画の柱とし、週明けに枝野経産相に提出する。23市町村の住民に関しては専用の受付窓口を設置する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信