外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力は29日、公的資金1兆円による資本注入を政府の原子力損害賠償支援機構に申請した。今後10年間の経営改革の道筋を示す「総合特別事業計画」を4月半ばをめどに政府に提出。政府は7月にも東電を実質国有化する。東電は福島第1原発事故の賠償拡大に伴う追加支援8459億円も同時に申請した。焦点となっている政府の議決権は計画に盛り込む。議決権を明示せずに資本注入を申請するのは極めて異例だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信