外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】プロ野球巨人や米大リーグのヤンキースなどで強打者として活躍し「ゴジラ」の愛称で親しまれた松井秀喜外野手(38)が27日夕(日本時間28日朝)、ニューヨーク市内のホテルで記者会見、現役引退を表明した。「最高に幸せな日々でした」と目を潤ませながら語り、日米で通算507本塁打を放った20年間のプロ生活に幕を下ろした。「今季はチャンスをもらいながら振るわなかった」と引退理由を話した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信