外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 男子ゴルフのアジア・アマチュア選手権は2日、シンガポールで最終ラウンドを行い、1打差の2位で出た19歳の松山英樹(東北福祉大)が67で回り、通算18アンダーの270で2連覇を達成した。この優勝でマスターズ・トーナメント(来年)の出場権を昨年に続き獲得した。68で回った伊藤誠道(東京・杉並学院高)が通算12アンダーで5位、川村昌弘(福井工大福井高)は8アンダーで7位。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信