外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 男子ゴルフのカシオ・ワールドオープン最終日は1日、高知県Kochi黒潮CC(パー72)で行われ、首位で出た21歳の松山英樹が4バーディー、2ボギーの70で回り、通算12アンダーの276で今季4勝目を挙げ、1試合を残してツアー史上初のプロ1年目での賞金王を決めた。

共同通信