外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 バレーボールの男子日本代表監督として1972年ミュンヘン五輪で金メダルを獲得した松平康隆氏が昨年12月31日午後0時21分、肺気腫のため東京都内の病院で死去した。81歳。東京都出身。葬儀は近親者のみで済ませた。後日お別れの会を開く予定。慶応大から日本鋼管(当時)に進み、選手として活躍。64年東京五輪はコーチで日本男子の銅メダル獲得に貢献し、翌年監督に就任した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信