外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本相撲協会は24日、大相撲初場所(来年1月13日初日・両国国技館)の新番付を発表し、九州場所で10勝した松鳳山が新三役で西小結に座った。元大関若嶋津の松ケ根親方が1990年1月に創設した部屋から初めての三役で、駒大出身でも初となった。左太もも裏のけがで九州場所を途中休場し、大関で2場所連続負け越した把瑠都が西関脇に転落した。大関からの降下は2010年初場所の千代大海以来。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信