外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会が原発の新安全基準で活断層の定義を拡大することを受け、東京電力柏崎刈羽原発直下を走る複数の断層が活断層と判定される可能性が高まることが東電の公表資料などから23日、分かった。東電は断層の地質調査を進めているが、活断層の可能性が高まれば停止中の同原発の再稼働は困難になる。新基準では活断層の定義を従来の「13万~12万年前以降に活動した断層」から「約40万年前以降」に広げた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信