外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会は13日、東京電力が再稼働を目指す柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の本格的な審査に入ることを決めた。近く東電から申請内容の説明を受けて問題点の有無を確認する会合を開く。規制委は福島第1原発の汚染水問題で本格審査入りを見合わせていたが、東電の作業改善策を受け、判断した。

共同通信