外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力は2日、停止中の柏崎刈羽原発(新潟県)6、7号機に関し、再稼働に向けた安全審査を原子力規制委員会に申請することを決めたと発表した。新規制基準が施行される8日以降、「速やかに」申請するとしている。2日の取締役会で決定した。東電の広瀬直己社長はこの日の記者会見で「福島第1原発事故の反省の上に立ち対策を検討してきた。考えられる最大限の安全対策を取り込んだ」と述べ、6、7号機の安全性を強調した。

共同通信