外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会は21日、東京電力が再稼働を目指している柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の審査会合を開き、本格的な審査を開始した。東電は9月に審査を申請したが、福島第1原発で相次いだ汚染水漏れを受け、本格審査入りを保留していた。東電は地震、津波対策や過酷事故に備えた設備など申請内容を説明。規制委は来週の会合で審査での論点を示す。

共同通信